チバニュースタウン
千葉のニュースヘッドラインを集めています。
住む

千葉に住むニュース 2020/12/07

はやぶさ2“分離カプセル” 夜空に輝く光…地球に帰還

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が分離したカプセルが6日未明、大気圏に突入し、地球に帰還した。尾を引きながら、夜空に輝く一筋の光。これは、6日午前2時半ごろ、はやぶさ2のカプセルが大気圏に突入した際のオーストラリア上空の映像。カプセルは、秒速およそ12kmという猛烈なスピードで大気圏に突入したため、このように火球のように明るく光って見えたという。カプセルはその後、高度およそ10km地点でパラシュートが開き、午前3時ごろ、オーストラリアの砂漠地帯に着陸した。JAXA 津田雄一プロジェクトマネ…
https://www.fnn.jp/articles/-/115965
2020/12/07 17:50

千葉に住むニュース 2021/01/01新型コロナ患者を受け入れる病院の内部を取材 感染リスクと隣り合わせの医療現場最前線 星総合病院・遠藤康二郎医師:「一応ここから先が、...

「はやぶさ2」投下のカプセル回収 オーストラリアの砂漠で発見

小惑星探査機「はやぶさ2」から投下され、地球に帰還したカプセルを、6日朝、JAXAの回収班が、オーストラリアの砂漠で発見し、回収に成功した。はやぶさ2は、5日午後、小惑星リュウグウのかけらが入ったカプセルを地球に向けて投下した。切り離されたカプセルは、6日未明、大気圏に突入し、「火球」のように輝きながら、予定通り、オーストラリア南部の砂漠地帯に着陸した。JAXA・津田雄一プロジェクトマネージャ「電波は途絶えたということで、これは着地を意味している。本当に美しい大気圏突入でしたね。われわれも感動…
https://www.fnn.jp/articles/-/115985
2020/12/07 17:32

審査結果速報! 第24回全国高校生創作コンテスト|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア

応募総数14,548作品が寄せられた國學院大學・高校生新聞社主催『第24回全国高校生創作コンテスト』。各賞ならびに学校賞が決定しました!応募数の詳細と各賞の結果は以下の通りです。※新型コロナウイルス感
https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/7066
2020/12/07 16:24

千葉に住むニュース 2020/08/19自民・秋本真利議員秘書、有権者にマスク配布 公選法抵触の恐れ  - 毎日新聞  新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が出て...

千葉市 夜間中学開設を検討へ|NHK 首都圏のニュース

義務教育を十分に受けることができなかった人たちの学び直しの場とされるいわゆる「夜間中学」について、千葉市教育委員会が市内での設置について調…
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20201207/1000057188.html
2020/12/07 16:51

コロナ禍で困窮する外国人を支援 送金会社社長 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 コロナ禍で日本で生活に困っている外国人たちを助けたい――。自分もブラジルに移住した経験から、異国の地で不安定な状況にある外国人を放っておけないと、海外送金の会社の社長が、仕事も住む場所も失って困って…
https://www.asahi.com/articles/ASND672SWND5UTIL024.html
2020/12/07 11:00

千葉に住むニュース 2020/08/13お盆 お寺もコロナ対策 門徒向けオンライン法要(KKB鹿児島放送) - Yahoo!ニュース  新型コロナウイルスの影響でふるさとへ...

高校生や大学生で自宅外通学をしている人の実情をさぐる(2020年公開版)(不破雷蔵) – 個人 – Yahoo!ニュース

高校生や大学生で自宅外通学をしている人の実情をさぐる(2020年公開版)(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュース
大学、さらには高校においても、自分の望む学校に通うために自宅を出て、下宿やアパートを借りての一人暮らしを始めるケースがある。そのような自宅外通学者の実情を日本政策金融公庫の調査結果から確認する。
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20201207-00210909/
2020/12/07 11:42

チェルノブイリ原発事故 来春で35年、続く健康被害 被災地の子、カレンダーで支援を /京都 – 毎日新聞

市民団体が製作「過去の話ではない」  来春で35年となる旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原発事故の被災地に暮らす、人々の姿を伝えるカレンダーが完成した。市民団体「チェルノブイリ子ども基金」(東京都練馬区)が製作し、販売した収益は汚染地域で事故後に病気になった、子どもたちの保養や医薬品の支援に充てて
https://mainichi.jp/articles/20201207/ddl/k26/040/244000c
2020/12/07 07:01

農and食・毎日農業記録賞:中央入賞作品(その1) 一般部門 – 毎日新聞

 <第48回毎日農業記録賞> 苦難の中に、新しい風  新しい農業の息吹を伝える2020年の「第48回毎日農業記録賞」の受賞作が決まった。応募総数は1596編(一般部門213編、高校生部門1383編)で過去最多を更新した。最高位の「中央審査委員長賞」は、一般部門が松本直子さん(岩手県)、高校生部門は大
https://mainichi.jp/articles/20201207/ddm/010/040/009000c
2020/12/07 02:02